2015-03-20

こんにちわ!古本買取もっと★ネット店長です。



本日の高価買取商品のご案内です。



西郷隆盛」に関する本・参考書・関連書籍を高価買取します。


もし、ご不要になった「西郷隆盛」に関する本・参考書・関連書籍などがありましたら、

是非当店にお売り下さい。



西郷 隆盛(さいごう たかもり、旧字体: 西鄕隆盛、文政10年12月7日(1828年1月23日) – 明治10年(1877年)9月24日)は、日本の武士(薩摩藩士)、軍人、政治家。薩摩藩の盟友、大久保利通や長州藩の木戸孝允(桂小五郎)と並び、「維新の三傑」と称される。維新の十傑の1人でもある。


薩摩藩の下級武士であったが、藩主の島津斉彬の目にとまり抜擢され、当代一の開明派大名であった斉彬の身近にあって、強い影響を受けた。斉彬の急死で失脚し、奄美大島に流される。その後復帰するが、新藩主島津忠義の実父で事実上の最高権力者の島津久光と折り合わず、再び沖永良部島に流罪に遭う。しかし、家老・小松清廉(帯刀)や大久保の後押しで復帰し、元治元年(1864年)の禁門の変以降に活躍し、薩長同盟の成立や王政復古に成功し、戊辰戦争を巧みに主導した。江戸総攻撃を前に勝海舟らとの降伏交渉に当たり、幕府側の降伏条件を受け入れて、総攻撃を中止した(江戸無血開城)。


その後、薩摩へ帰郷したが、明治4年(1871年)に参議として新政府に復職。さらにその後には陸軍大将・近衛都督を兼務し、大久保、木戸ら岩倉使節団の外遊中には留守政府を主導した。朝鮮との国交回復問題では朝鮮開国を勧める遣韓使節として自らが朝鮮に赴くことを提案し、一旦大使に任命されたが、帰国した大久保らと対立する。明治6年(1873年)の政変で江藤新平、板垣退助らとともに下野、再び鹿児島に戻り、私学校で教育に専念する。佐賀の乱、神風連の乱、秋月の乱、萩の乱など士族の反乱が続く中で、明治10年(1877年)に私学校生徒の暴動から起こった西南戦争の指導者となるが、敗れて城山で自刃した。





ご自宅に眠っている「西郷隆盛」に関する本・参考書・関連書籍はありませんか?


もし、ご不要になった「西郷隆盛」に関する本・参考書・関連書籍などがありましたら、

是非当店にお売り下さい。


 

西郷隆盛 命もいらず 名もいらず

 

逆説の日本史 20 幕末年代史編3 西郷隆盛と薩英戦争の謎

 

西郷隆盛と士族 (幕末維新の個性)

 

西郷の貌―新発見の古写真が暴いた明治政府の偽造史

 

消された「西郷写真」の謎: 写真がとらえた禁断の歴史

 

西郷隆盛と幕末維新の政局: 体調不良を視野に入れて (大阪経済大学日本経済史研究所研究叢書)

 

西郷隆盛と“東アジアの共生”

 

西郷隆盛と薩摩 (人をあるく)

 

薩摩史談―西郷隆盛と明治維新―

 

ほんの一例です。

上記以外もよろこんで買取させていただきます。

 

 

今すぐ「西郷隆盛」に関する本・参考書・関連書籍をお売り頂ける方はこちらをクリック!

 

ブ○ク○フやブ○クマ○ケ○トで、お値段の付かなかった商品でも

 

古本買取もっと★ネットでは、市場価格に沿った金額で買取させていただきます。

 

お売り頂く前に買取金額を知りたいお客様は、
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓をクリックしてフォームより無料買取査定の申し込みをお願いします。

無料買取査定

 

今すぐお売り頂けるお客様は、
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓をクリックしてフォームより買取の申し込みをお願いします。

買取申込

 

何かご不明な点がございましたら、
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓をクリックしてフォームよりお問い合わせをお願いします。

お問い合わせ

 

詳しくは↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓をクリック

ロゴ(小)

 

 

コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


コメントの更新情報

トラックバックURL

古本買取もっと★ネットをお気に入りに登録

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
あなたの読み終わった本、聞き終わったCD、観終わったDVDやブルーレイはありませんか?
古本買取もっと★ネットでは、他店様よりもっともっと高く買い取らせていただきます。